クロス・壁紙の豆知識

クロスの黒ずみはカビが犯人です

台所など水回りや、普段あまり使わないお部屋の壁に黒ずみが出てきたら、ひょっとすると壁紙にカビが生えてしまったのかもしれません。
壁紙などに生えるカビにも色々ありますが、特に多いのは黒カビやススカビです。
これらは好湿性といって湿気のあるところを好むカビですから、まず壁紙が常に湿った状態にならないようにすることを考えなければ行けません。台所などでは定期的に窓を開け、換気扇を回して湿気がとどまらないようにすることが必要です。普段使わないお部屋でも、特にウォークインクローゼットのような窓のない閉鎖空間の場合は、出入り口を開けて扇風機などで新鮮な空気を送り込んであげましょう。また、収納物品があまりに多いと、湿気がこもりやすいので、これを機械に取捨選択して、クローゼット内をスッキリと片付けてしまうと良いでしょう。
しかし、これではカビが増えることを抑制できても、解決策にはなりません。
一度生えたカビは漂白剤などで見えなく刷ることはできますが、根本的な解決にはなりません。カビは菌糸を壁紙より下の石膏ボードなどまで伸ばしていると、再び表面が黒ずんでしまうかもしれません。
そこで、ここは壁紙クロスの張替をおすすめいたします。
最近は抗菌性のある壁紙クロスもあるので、それらに取り替えると、カビの発生も抑制できるかもしれません。

0800-805-8161 24時間365日、日本全国受付対応中!