クロス・壁紙の豆知識

主な壁紙の種類

壁紙というものは、デザインも素材も様々です。デザインは一目見れば違いがはっきりわかりますが、素材ごとの違いは見た目にはあまりわかりません。ここでは、主な壁紙の種類と、その特徴をご紹介いたします。

・ビニル壁紙
最も普及していると言われているのが、このビニル壁紙です。安価で耐久性が高く、更に加工もしやすいためデザイン性にも優れています。高価なものでは、機能性がプラスされた壁紙も販売されています。

・紙壁紙
ビニル壁紙がポリ塩化ビニール樹脂を使用している一方、紙壁紙はパルプを原料にしています。紙なので通気性が高く、さらに防音性にも優れているという特徴があります。海外で人気の高い壁紙ですが、日本でも和紙を原料にした壁紙もあるようです。

・織物壁紙
化学繊維や麻などを織り、紙で裏打ちした壁紙です。こちらも通気性に優れており、更に高級感があるため、ホテルや式場などに利用される事も多い壁紙となっています。

日本で人気の高い壁紙といえば、以上の三種類となっています。また、流通量は少ないものの、更に魅力的な壁紙も販売されています。壁紙の張替えをお考えの方は、まずは壁紙の種類をお考えになってはいかがでしょうか。

0800-805-8161 24時間365日、日本全国受付対応中!