クロス・壁紙の豆知識

原状回復に伴うクロス張替え

お部屋の中の壁を覆うクロスは、目に入る面積が大きいので部屋の印象を左右する重要な要素です。
賃貸住宅の場合、前の住人がタバコを吸っていたり、室内の使い方が乱雑だったりすると、クロスに汚れがついていることがあります。また、そうでなくても日光や年数が経ったことによる黄ばみや破れは避けられません。
この状態でも、もちろんお部屋の機能的には大きな支障はないかもしれませんが、賃貸住宅の場合、次の入居者獲得の支障になるかもしれません。
賃貸住宅を借りようとしている方は、出来れば同じ値段でも綺麗なお部屋を選ぼうとするでしょうし、いくら立地が良くても、クロスがボロボロの状態ではお部屋の雰囲気も悪く、契約に至らないかもしれません。
そこで、退去者が出た時点で原状回復を行い、クロスを元の綺麗な状態にするのが、賃貸住宅では一般的です。
その際は、今までの雰囲気と一変させるのも良いでしょうし、今まで同様のクロスを選ぶのも良いでしょう。
クロスの張り替えが必要になった時は、クロス張り替え110番をどうぞご利用ください。
法人のお客様からのご依頼もお待ちしております。

0800-805-8161 24時間365日、日本全国受付対応中!