クロス・壁紙の豆知識

壁紙が剥がれないようにするために

壁紙というものは、接着剤によって壁に貼り付けられています。しかし、時に壁紙が剥がれてしまうということもあります。壁紙が剥がれてしまえば見た目にも良くありませんし、時には健康被害に繋がるケースもあります。どうして壁紙が剥がれてしまうのでしょうか。
施工が不十分だったということも考えられますが、その主な原因となっているのが湿気です。もしも湿度が高くなりますと、壁紙は水分を吸って膨張します。逆に、乾燥しますと収縮します。それは目で見てすぐに分かるものではありませんが、これを繰り返すことによって少しずつ壁紙が剥がれてしまうのです。特に湿度が高いお部屋は要注意で、そのようなお部屋になりますと壁紙の裏にカビが増殖していることも多々あります。
対策としては換気などで湿気を逃がすという方法が考えられますが、あまりにも壁紙の剥がれが酷い場合には別の原因が考えられます。それは、建物の断熱不足です。断熱不足になりますと屋外との温度差から結露が発生しやすくなり、それが剥がれを引き起こします。そうなりますと、換気や張り替えを行ったとしてもすぐに被害が再発してしまうでしょう。手間も費用もかさんでしまいます。
「原因が分からない」「対策がわからない」そのような方は、壁紙修理のプロに任せるようにしてください。張り替えなどはもちろん、剥がれの原因特定・修理まで行ってくれます。プロに依頼して、トラブルを解決しましょう。

0800-805-8161 24時間365日、日本全国受付対応中!