クロス・壁紙の豆知識

壁紙ごとのお手入れ方法

今では壁紙の種類も豊富になりましたが、それぞれの素材によってお手入れの方法も異なります。間違ったお手入れは、逆に壁紙を汚したり、傷をつけたりするかも知れません。壁紙は張り替えも可能ですが、できることなら長く大事に使ってあげるのが一番です。以下に、壁紙の種類ごとのお手入れ方法を簡単にご紹介いたします。

・ビニル壁紙の場合
普段のお手入れは、柔らかい布やハタキを使用して軽く汚れを落とすようにすると良いでしょう。もしも汚れが付いてしまった場合は、固く水を絞った布で汚れを拭き取り、必要に応じて薄めた中性洗剤を布に染み込ませます。その後は水を含ませた布で洗剤を拭き取り、乾拭きして乾燥させます。
・紙壁紙の場合
ビニル壁紙と比較して汚れが落ちにくいので、普段から小まめにお掃除する必要があります。ちょっとした汚れや手垢程度なら、ハタキや消しゴムで落とす事ができます。もしも水汚れが付いてしまった場合は、すぐに布やティッシュペーパーなどで軽く叩くように取りましょう。水拭きは逆にシミになってしまうので厳禁です。
・珪藻土の場合
多孔質の珪藻土は、水分や汚れを付着しやすいのが特徴です。そのため、珪藻土の壁紙も小まめなお手入れが必要です。お手入れの方法は紙壁紙の場合とほぼ同じで、手垢には消しゴムが、水汚れには布やティッシュペーパーが有効です。

壁紙の種類は他にもありますが、多くの壁紙で共通するのが、小まめなお手入れと迅速な汚れ取りです。また、直射日光からの保護や換気も小まめに行っておきますと、さらに長持ちする事でしょう。しかし長く使用していますと、どうしても汚れは蓄積しますし、日焼けも発生します。そのような場合は、壁紙の張り替えをご検討ください。

0800-805-8161 24時間365日、日本全国受付対応中!