クロス・壁紙の豆知識

壁紙にカビが生える原因

壁紙は、手入れしないで放置しているとカビが生えてくることがありますので、注意しましょう。
壁紙にカビが生える原因としては、温度差による原因、水漏れによる原因などが考えられます。
室内と外部の温度差が大きくなると結露が発生し、その影響でカビが生えることがあるかもしれません。室内と外部の温度差が大きければ大きいほど、結露が発生する可能性が高くなる傾向がありますので、原因を理解しておきましょう。
水漏れによるカビの発生も油断してはいけません。洗濯機や水道管などから、水漏れが発生し、その水が壁に吸収されることでカビが生えてくることも考えられます。
発生したカビを放置してしまうと、お部屋全体に広がる可能性があり、進行がひどければ壁紙全体を交換しなければならなくなるかもしれませんので、カビが発生したら早めに対策を取りましょう。
カビの対策はご自分では難しいかもしれませんので、お困りの方、これから対策を取りたいと思っている方は、クロスの張替えのプロに相談してみましょう。

0800-805-8161 24時間365日、日本全国受付対応中!