クロス・壁紙の豆知識

素材で壁紙を選ぶ

壁紙と言うものは、お部屋の中でも最も広い面積を占めるものです。そのため、壁紙を張り替えることでその空間のイメージは一変することでしょう。そのため、壁紙のデザインについて真剣に考える方は多いと思います。しかし、壁紙はただの飾りではありません。その素材ごとに長所があり、それを活かすことでより快適な生活空間が手に入る事でしょう。ここでは、壁紙の素材ごとにその長所をご紹介いたします。

【ビニル壁紙】
壁紙の中でも、最もポピュラーなものがビニル壁紙です。加工がしやすく、プリントやエンボス加工などバリエーション豊かな壁紙が作られています。また、生産性の高さから安価で購入できるという強みもあります。要望に応じて、消臭性能や抗菌性能などを付加した、よりハイグレードの製品を選ぶ事も可能です。

【織物壁紙】
主にレーヨンや合成繊維などを用いて、複雑な模様を描く壁紙です。他の壁紙と比較してボリューム感と豪華さに優れており、お部屋の雰囲気をワンランク上げてくれます。また、吸音性や通気性に優れているという長所もあります。

【珪藻土壁紙】
珪藻土(けいそうど)とは、珪藻の化石からなる岩石のことをいいます。珪藻土の粒子には細かい気孔が無数に存在し、それが和紙と同じような調湿機能を持ちます。その性能は、一般的なビニル壁紙の3倍ほどです。

このように、それぞれの素材によって壁紙の風合いや機能性は大きく異なります。これらを理解して壁紙を選ぶ事も大切ですが、種類が豊富なため理想のものを見つけるのは難しいかも知れません。そのような場合は、張り替え業者の方と相談しながら決めることをお勧めいたします。

0800-805-8161 24時間365日、日本全国受付対応中!