クロス・壁紙の豆知識

壁紙の剥がれを見事に補修できちゃう方法

壁紙 剥がれ

剥がれてきてしまった壁紙は、実は自分で直すことができます。まずは、原因が何か知るために、剥がれた個所をよく見てみましょう。ごく小規模の剥がれであれば市販の壁紙修復道具で簡単に直せます。普段DIYしたことがない人でも、「慎重」「丁寧」を心がけて行えば比較的簡単・きれいに補修できますので、ぜひ挑戦してみてください。

 

今回は、よくある剥がれ方から修復方法、個人と業者の場合どっちが良いのかについてご紹介します。参考にしてきれいな壁紙にしましょう。

 

 

よくある壁紙の剥がれ

新築だった時はきれいに張られていた壁紙も、経年劣化によってペラリと剥がれてしまいます。壁紙は接着にのりが使用されています。年数が経ったのりは接着力が落ちて剥がれやすくなり、浮きや破れに繋がります。

 

経年劣化の他にも、室内の湿気でも剥がれやすくなります。湿度が高いと、壁紙と壁の隙間や表面に水滴が付着し、接着面を浮かせてしまうことが原因です。冬間の窓際周辺は特に結露が発生しやすいので、剥がれやすくなります。

 

また、湿度が高いと、壁紙との隙間にカビが発生しやすくなります。これも壁紙が剥がれてしまう原因の1つになります。カビが発生した場合は、空気中に菌が舞ってしまい健康面でも心配ですので、早めに取り除くようにしましょう。

 

ご家庭で幼いお子さんやペットを飼ってらっしゃる場合は、張り替え年数に関係なく部分的な剥がれは良くあるかもしれません。壁紙は薄く、あまり頑丈とは言えないので簡単に傷ついてしまいます。目立つ場所が剥がれていると、お客さんを部屋に招きにくいと感じてしまいます。

 

剥がれた壁紙を放置しておくリスク

剥がれた壁紙を放置しておくリスク

壁紙が剥がれているのに放置してしまった場合、どのような事が起きてしまうのでしょうか?

 

・捲れやすくなる

長期間捲れたまま放置してしまうと、捲れる癖がついてしまいます。一度ついてしまうと、クロス用ののりを使用して接着してもまたペラリと剥がれやすくなります。

 

・ひっかけてしまう

壁紙が剥がれてしまうと、平面だった壁にでっぱりができてしまいます。壁に触れた時に剥がれた部分に物や体がひっかかりやすくなり、さらに剥がしてしまう原因になります。

 

・汚れが付着しやすくなる

剥がれた隙間にホコリが付着しやすくなります。修復しようとしたときに掃除が大変で、張り直そうとしたときに壁紙のずれや浮きになってしまいます。浮いてしまうと隙間に水気が溜まり、剥がれやすくなってしまいます。

 

・建物に問題があることも

室内の湿度が高くて壁紙の剥がれが発生した場合、住んでいる人に問題がなければ建物側に何らかの原因が発生しているかもしれません。雨漏りや建物の断熱施工が足りず結露することがあります。

 

これらの場合、雨漏りは天井の隅などの部分的な場所に発生しやすく、断熱施工が不足していると室内全域に剥がれが出てきます。壁紙が剥がれた場合は一度状況を確認することが大切です。

 

壁紙の剥がれを補修する方法

壁紙が剥がれた場合や捲れてしまっている時は、どのように修復すればよいのでしょうか?よくある「部分的な剥がれ」と「つなぎ目の剥がれ」の補修方法についてみてみましょう。

 

・部分的な剥がれの場合

ペットやお子さん、ものをぶつけたりなどして部分的に剥がれてしまっている場合、まずは修復したい箇所の周りをやや大きめの四角形に壁紙をくり抜きます。カッターなどを使って切りますが、あまり強く切ってしまうと壁を傷つけてしまうので注意しましょう。無事切り取れたらそっと剥がします。

 

補修用に用意した壁紙を貼り付けます。壁紙は、切り取った壁紙のサイズより一回り大きめのものにしましょう。貼り付けたらしわが寄らないように地ベラや定規などで壁紙を抑えて空気を追い出します。その後、元の壁紙と貼り付けた壁紙が重なっている箇所にヘラや定規を当てて、カッターナイフでカットします。

 

切った後、隅の壁紙を剥がし、カットされた元の壁紙を取り出します。取り出す際は貼り付けしてある補修用の壁紙が剥がれたりずれたりしないように気をつけながら、内側から剥がすようにしましょう。無事剥がすことができたら、補修用の壁紙を圧着させるためにローラーを使って上から抑えます。

 

・つなぎ目部分が剥がれている場合

部分的につなぎ目が捲れてしまっている場合は、壁紙用のパテを下地として付けて、しっかり押さえると短時間で修復ができます。

 

しかし長期間放置してしまった場合、付けてすぐに剥がれてしまうことがあります。弱い捲れ癖がある場合は、ドライヤーの温風を当てることで緩和させることができます。壁紙の捲れが強い場合は、アイロンを当てるようにしましょう。

 

ただし、クロスの種類によっては高熱による色の変化や、長時間当て続けると焦げしまうおそれもあるので、必ず目立たない場所で試し、一番低い温度で行いましょう。また、当て布やコピー用紙を間に挟んで壁紙に抑えることをおすすめします。

 

DIYと張り替え業者どっちがお得?

DIYと張り替え業者どっちがお得?

DIYで行う場合と、業者に依頼をする場合、どちらが良いのでしょうか?それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

 

自分で行った場合

▶メリット

  • ・好きなときに行える
  • ・自由にデザインできる
  • ・費用がかからない

▶デメリット

  • ・修復難易度が上がるほどきれいな施工が難しくなる
  • ・施工時間がかかる

 

業者に依頼した場合

▶メリット

  • ・個人でやるよりも持ちが良い
  • ・仕上がりがきれいになる
  • ・作業する手間が省ける

▶デメリット

  • ・費用がかかる
  • ・壁紙の選択肢が狭まりやすい

 

個人で修復する場合は、小さい傷や目立たない場所の捲れの修復であれば行ってみるのもいいかもしれません。また、一時的な補修でよければ、個人で行った方が費用や業者を招く手間も省けます。

 

一方で壁紙の剥がれの状況がひどいときや、目立ちやすいところに傷があるときなど、個人での修復が困難な状況や失敗したら困る箇所の補修は業者に依頼をしましょう。無理に自分で直そうとすると悪化するおそれや、手の付けられない状況になってしまうおそれがあり、かえって費用がかさんでしまうかもしれません。

 

まとめ

壁紙の剥がれは個人で比較的簡単に直すことができます。普段DIYしない人でも気軽に行える作業なので、挑戦してみるのも良いでしょう。

 

また、最近では壁紙用のステッカーなど、様々な種類のシールが販売されています。もし、壁紙修復時に似たような壁紙が見つからずに困っている場合や、捲くれ癖の強い壁紙の上にステッカーを貼ってみると簡単に穴を補修できる上、ちょっとしたアクセントや遊び心になって面白いかもしれません。

 

お部屋は生活の拠点です。家を大切にするためにも早めに修理をするようにしましょう。補修をすれば見た目もすっきりして快適な生活になります。

0800-805-8161 24時間365日、日本全国受付対応中!