クロス・壁紙の豆知識

クロスの張り替え費用相場!DIYと業者どちらのリフォームが良い?

クロスの張り替え費用相場!DIYと業者どちらのリフォームが良い?

クロスが汚れたり傷ついたりして新しいものに張り替えるとき、業者に依頼するなら費用が気になりますよね。クロスの張り替え費用は種類や大きさだけでなく、依頼先によっても異なります。正確な費用を知るためには、複数の業者から見積りをとりましょう。

このコラムでは、クロスの張り替えにかかるおおよその費用相場やDIYで張り替えをおこなう方法もご紹介していきます。お部屋のリフォームをするときの参考にしてみてくださいね。

クロスの張り替えにかかる費用の相場

クロスの張り替えにかかる費用の相場は、リビング10畳(64平米)で約64,000円~75,000円です。キッチンは5畳(35平米)で約45,000円~65,000円が目安となります。また、トイレの場合は約25,000円~45,000円です。

クロスの張り替え費用に差が出るのはなぜ?

クロスの種類や張り替えをする場所の面積、どの部屋で張り替えをおこなうかなどによって費用に大きく差が出ます。クロスのタイプは大きくわけると、賃貸住宅で利用されることの多い通常のタイプと、デザインや機能が施された質の高いタイプの2通りがあるのです。

リビングでデザイン性のあるクロスを使用したり、キッチンやトイレで耐水性や汚れ防止の性能があるクロスを使用したりする場合には、費用が高くつくでしょう。

クロスの張り替えができる業者

クロスの張り替えをおこなう業者はさまざまで、ハウスメーカーやリフォーム業者、内装工事業者などがあります。しかし、クロスの張り替えをおこなっている業者が多いほど、どの業者を選んだらよいか迷ってしまいますよね。

そんなときにおすすめしたいのが、複数の業者から見積りをとって費用を比較する相見積りをおこなうことです。業者を選ぶうえで費用は、大きなポイントになるでしょう。どのような場所や状況で張り替えをおこなうかによっても大きく費用が変わってきます。

そのため、まずは正確な金額を知るために見積りをとって、複数の業者のなかからサービス内容や金額に納得できる業者を探しましょう。

クロスの張り替えは「業者」と「DIY」どちらがオトク?

「壁」のクロスを張り替える方法

クロスの張り替えは、業者に依頼する以外にもDIYでおこなう方法があります。自分で張り替えをおこなえば、材料費のみで済むため費用を浮かせることができます。

必要な道具や材料費は、安いものなら業者に依頼する場合の1/3程度で購入することができ、なかにはDIY用としてクロスと道具がまとめて販売されていることもあるようです。作業に慣れている人なら、DIYしたほうがオトクかもしれません。

しかし、クロスの張り替えはリビングなどの広いスペースでおこなうとなると、作業も大掛かりなものになります。失敗してしまえば、やり直さなくてはならないこともあり、さらに手間や費用がかかってしまうこともあるでしょう。

作業に不慣れな方や、手間をかけたくない方は業者に依頼することをおすすめします。クロス張り替えをおこなっているプロなら、自分で手順を確認しながら作業するよりも短時間でスムーズに張り替えをおこなってくれるはずです。

そして、技術のある業者なら、確実にきれいに仕上げてくれるでしょう。費用や時間などを考慮して、自分の条件にあわせて適した方法を選びたいですね。

クロスの種類とそれぞれのおすすめポイント

クロスにもさまざまな種類があります。ここからは、クロスの種類ごとにおすすめポイントをご紹介します。用途にあったクロスを選ぶ参考にしてみてください。

種類①ビニールクロス

多くの住宅で使用されているのがビニールクロスです。素材は塩化ビニル樹脂がおもな原料となっていて、ビニールシートに紙を重ねた仕様になっています。耐水性に優れていて、防カビ性などの性能を持った商品もあります。

また、柄や色などが豊富なため、好みのデザインを見つけやすいでしょう。価格が安いのもメリットのひとつです。

種類②紙クロス

紙クロスには和紙やパルプ原料のものなどがあります。欧米で使用される紙クロスも輸入されていて、デザインが施されたものあるようです。紙特有の質感があり、和紙なら和室と調和しやすいでしょう。ビニールクロスと比べると価格は高くなりますが、自然素材にこだわりたい場合にはおすすめです。

種類③織物クロス

素材を織ってつくられた織物クロスには絹や木綿、麻やシルクまで、さまざまな素材のものがあります。紙クロスに比べて丈夫で、織物ならではの存在感があります。自然素材で、室内の雰囲気を高級に見せてくれるクロスです。また、通気性がよいという特徴もあります。

クロスが持つ機能性にも注目!

ご紹介したようにクロスには素材やデザインのほかにも、通気性や防カビ効果など、さまざまな機能性があります。キッチンやトイレに最適な抗菌機能のクロスなら、大腸菌などの有害菌が繁殖するのを防止してくれるのです。

消臭機能のクロスは臭いを分解することができるため、玄関やトイレにおすすめです。ほかにも、抗アレルゲンの機能を持つクロスがあり、花粉やダニの死骸といったアレルゲンを吸収して抑制するものまであります。クロスを選ぶときには機能性にも注目して、より快適に使用できるものを見つけましょう。

クロスの張り替えをDIYでやってみよう!【壁・天井】

クロスの張り替えは「業者」と「DIY」どちらがオトク?

DIYでクロスの張り替えをおこなう手順をご紹介します。「壁」と「天井」にわけて解説しますので、参考にしてみてください。クロスの裏に貼りつけるための「のり面」がついているものを使用した場合の手順です。

「壁」のクロスを張り替える方法

脚立とメジャー、クロスの張り替えに必要なハケ・カッター・ローラー・ヘラ・ハサミ、新しい壁紙を用意します。家具や家電などはあらかじめ移動しておきましょう。コンセントカバーも外しておきます。床が汚れないようにシートなどを敷いておきましょう。

1.クロスをはがす
壁の隅に端から端へとカッターで軽く切りこみを入れます。壁のどこかに切りこみを入れたら、そこから端に向かってはがしてください。クロスをはがした状態で、裏紙に凹凸ができてしまったら、パテを塗りつけて平らにならします。

パテを塗った場合、乾くまでに約1日はかかります。乾いたことが確認できたらパテを、やすりで平らにならしてください。

2.クロスをカットする
クロスを貼る場所の高さをメジャーで測ります。新しいクロスの裏面(線がついているほう)で長さを確認して、測った長さプラス10cmほどでカットしましょう。

3.クロスをたたむ
のり面に触れないように裏紙をはがしたら、クロスを下側(貼ったとき床側になるほう)から10cmほど折りたたんでください。折りたたんだ部分を持ち上げて、約20~30cm間隔で扇子のように折り重ねていきます。折るたびに折り目を重ねて持ち上げて、たたんでいきましょう。

クロスに折り目がつかないように軽くたたむのがポイントです。必要な枚数分この作業をおこないます。

4.クロスを貼る
最後にたたんだ部分が天井にくるようにクロスを持って、壁の端から貼りつけます。あらかじめクロスを10cmほど長くカットしてあるので、天井ぴったりではなく少し余裕を持たせて貼ってください。

壁の端側にクロスの端を合わせたら、反対側は軽く貼りつけておきます。壁とクロスの端側をきれいに合わせたら、ハケで下から上へとしっかりなでつけてください。このとき反対側は手で押さえておきましょう。

今度は反対側の軽く貼っていたクロスをきれいに貼り直します。きれいになでつけた側との境目までクロスをはがしたら、ハケで横方向になでつけていきましょう。そのあと下から上へとハケで貼りつけていきます。

壁とクロスの間に気泡が入ったりシワができたりしたら、クロスを少し浮かせてハケで押さえてください。クロス上部を貼りつけたら、今度は下部を上から下に向かってハケでなでつけていきましょう。

5.仕上げ
クロスをぴったり貼り合わせることができたら、四隅をハケで押さえつけて、最後に余分なクロスをカッターで切り取ってください。切り取るまえにヘラを使って、切り取る境目に筋を入れておきましょう。切り取ったあとは、その部分からはがれないようにローラーで密着させてください。

この作業を繰り返してクロスを貼っていき、最後の余った面は必要な幅にクロスをカットしてから貼りつけます。

「天井」のクロスを張り替える方法

天井用のクロスには、正方形のシートを順に貼っていくだけのタイプがあります。作業しやすいためこのタイプのクロスを貼る方法をご紹介しましょう。天井に届く高さの脚立と、クロスの張り替えに必要なハケ・カッター・ローラー・ヘラ・えんぴつ、新しい壁紙を用意します。

照明器具など邪魔になるものは取り外し、床が汚れないようにシートなどを敷いておきましょう。作業の手順は以下のとおりです。

1.クロスをはがす
天井の隅にカッターで切れ目を入れていきます。天井の真ん中あたりにも少し切れ目を入れたら、そこからはがしてください。クロスをはがした状態で、裏紙に凹凸ができてしまったら、パテを塗りつけて平らにならします。パテを塗った場合、乾くまでに1日はかかるので、その後やすりで平らにならしてください。

2.天井の中心に印をつける
クロスを張りやすいように基準となる位置に印をつけます。天井の端それぞれの中心から糸をテープで貼っていき、なぞるようにえんぴつで線を引いておきましょう。

3.クロスを貼る
クロスの裏紙を数センチ程度はがして折り返します。天井の角に貼ってみてください。隅にぴったり合わせることができたら、裏紙をゆっくりはがしながらハケでなでつけて貼っていき、ローラーをかけます。

2枚目からは、最初に貼ったクロスの端にあわせて貼りつけていきましょう。隅はヘラを使ってカッターで切り取ります。壁の方法と同様にハケやローラーでしっかりと貼り付けていきましょう。

まとめ

クロスの張り替えをDIYでおこなうか業者に依頼するかは、作業の手間やかかる費用などを考慮して決めることをおすすめします。DIYなら費用を抑えることができ、業者に依頼すれば確実な作業をしてくれるなど、それぞれにメリットがあります。

クロスにはさまざまな種類があり、機能性も充実しているのでDIYでクロスの張り替えをするなら、好みのデザインや必要な機能を持つクロスをじっくり選ぶとよいでしょう。

クロスを張り替えは、場所や素材によって費用が異なります。業者にクロスの張り替えを依頼するなら、複数の業者から見積りをとって費用を比較することをおすすめします。業者なら、面倒な作業もスムーズにおこない、きれいに仕上げてくれることでしょう。

0800-805-8161 24時間365日、日本全国受付対応中!
0800-805-8161
無料相談はこちら